INSULATION

断熱省エネ性能

次世代省エネ基準を大きく上回る断熱性能

一年中快適で省エネの断熱性能

「ウレタン」や「高性能グラスウール」などの優れた性能を発揮する断熱材を、現場でしっかりと厚く施工することで、建物自体の断熱性能を向上させています。
また、壁に比べて断熱が劣るサッシについても、樹脂アルミ複合サッシ+ペアガラスの高性能サッシをベースに採用し、家全体の断熱性能を高いレベルに維持しています。
藪崎工務店が採用している、この優れた断熱性能によって、個々の部屋のみを暖めるということではなく、家全体が同じ温度で保たれるので家のどこにいても心地よさを体感できます。
SE構法の長所を生かした吹き抜けや大きなリビングでも、快適に暮らすことをご提案します。

HEAT20G2グレードも実現可能な断熱性能

家の断熱性能は「UA値」という、数値で表すことができます。
その基準は次世代省エネルギー基準として地域によって決まっており、東京ではUA値0.87以下となっています。(北海道では0.46)
また、その基準を大幅に超えるものとして「HEAT20」という基準がありますが、藪崎工務店ではこのG1「0.56」を標準として、更にG2「0.46」を実現することも可能です。
(窓の大きさ等によってUA値は変わってきます)
また、それ以上の性能も、断熱材や樹脂サッシの性能を上げることで実現可能です。
お客様のこだわりやご予算を考量しながらご提案いたします。
 

藪崎工務店の建築技術

HOME | 建築の技術 | 断熱省エネ性能

1993 TOKYO KITA CITY